1. Formula Challenge Japan TOP >
  2. What's Formula Challenge Japan ?

FCJの理念Philosophy of FCJ 

フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)は、2006年にトヨタ、ニッサン、ホンダのグローバル自動車メーカー3社が協力して創設した新しいジュニア・フォーミュラカーレースである。
その理念は「世界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘と育成」および「日本のモータースポーツの裾野を広げ将来を支える人材の育成」という点に置かれている。

世界のトップレベルで活躍する選手は、若いうちに数多くの経験を積んで成長している。その成長を助けるのが自動車メーカーを中心に設けられている各種のレーシングスクールとスカラシップ制度である。日本でもメーカー別にドライバーの育成システムが設けられてきたが、FCJはそのメーカーの枠を超え、実戦を通してより高度な育成を行なうために実現したカテゴリーだ。


FCJでは、あくまでもドライビングテクニックに焦点を置いたトレーニングを行なうため、参加車輌はワンメイクであるばかりか、独自の改造を一切禁じた管理下に置かれる。モーターレーシングにおいて、道具であるレーシングカーの性能はセッティングの差も含め勝敗を決する大きな要因だ。しかしFCJでは敢えてその差をなくしてレースを行なう。
  その結果、ドライバーのテクニックが浮かび上がり、分析と訓練の効率が上がると共に、優劣も明らかになる。


シリーズを通して優秀な成績を収めた選手には、上位カテゴリー(F3相当)へステップアップするためのスカラシップが与えられ、これまでに全日本F3選手権やフォーミュラ・ルノー英国選手権へドライバーを送り出してきた実績がある。07年のチャンピオンである国本京佑は08年のマカオGP(F3)で優勝。2010年は06年、07年参戦 井口卓人、07年参戦 山本尚貴、ケイ・コッツォリーノの三名がフォーミュラ・ニッポンにステップアップ。F3開幕戦には11名ものFCJ卒業生が参戦している。 FCJは若いレーシングドライバーが腕を磨き、その才能を証明してトップカテゴリーへ進出するための近道なのである。


FCJのシステムSystem of FCJ 

運営

FCJのシリーズ運営は、トヨタ、ニッサン、ホンダ3社の協賛を受けた日本レースプロモーション(JRP)が行なう。JRPは国内トップフォーミュラカーレースである全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの運営団体であり、JRP内のFCJ事務局がFCJを運営する。
 2010年度は6イベント12レースが日本国内サーキットで開催され、4大会がフォーミュラ・ニッポンと併催、そして10月の「F1日本GP」での開催が決定した。
  各レースウィークの始まりに合同テストの機会を設けるなどして、走行距離はシリーズ通算で約7000kmに及び、参加選手は1シーズンを通して密度の高い経験を積むことになる。


参加ドライバー

参加できるのは原則として26歳未満で、F3クラス以上のレース経験を持たない選手。参加は1シーズン単位で受け付けられる。参加台数は07年度で最大27台。
  選手は一般公募されるが、FCJ事務局によって選抜が行なわれる。また、一般公募とは別に各メーカーが優先枠を持っており、その枠は各社が別途レーシングスクールやオーディションを通して指名、決定する。 .


スカラシップ

シーズンを通して優秀な成績をおさめた選手にはスカラシップが与えられる予定だ。スカラシップは、10年シリーズもトヨタ、ニッサン、ホンダがそれぞれの育成プログラムに沿って設ける。トヨタはスカラシップ対象をトヨタ枠に限定しているため、一般参加枠の選手は、ホンダ、ニッサン両メーカーのスカラシップ対象という扱いになる。スカラシップには翌年の上位カテゴリー進出以外にも翌年のFCJ再参戦などが含まれる。

イコールコンディション

レースで使用する車両は、FCJ事務局が用意し、各選手に貸与する。メンテナンスはFCJ事務局が割り当てたスタッフが行なう。レース以外の期間、車両はガレージに保管され、レースまたはテストウィークに保管ガレージから搬出し、レースが開催されるサーキットへ運び込まれるまで、参加者が独自に走らせることはできない。また、エンジンについては選手が年間を通じて1台、1機を使うのではなく、2010年はシーズン中にシャッフルと呼ばれる再配分が行なわれる。
  車両のメンテナンスはあらかじめ決められたメニューに従って、担当スタッフが行なう。破損やトラブルなど予定外のメンテナンスが必要な場合は、FCJ事務局に作業内容の申請をしたうえで作業が行なわれる。レースのためにサーキットへ搬入された車両はFCJ事務局が独自の車検を行ない、イコールコンディションが維持されていることを確認する。


参加費用

参加費用は2010年は実績で修理費預り金2,000,000円を含み7,250,000円(消費税込)。車両レンタル料やタイヤ費用などレースに関わるすべての基本費用が含まれる。修理費預り金は、破損修理のために使われるが、シーズン終了後に残額があれば返金される。

ポイントシステム

順位 優勝 2位 3位 4位 5位 6位   PP FL
ポイント 10pt. 7pt. 5pt. 3pt. 2pt. 1pt.   1pt. 1pt.

PP:ポールポジション獲得者 1ポイント
FL:決勝レースのファステストラップタイム記録者 1ポイント

FCJに用いるマシンMachine of FCJ 

FC106 Specification -基本仕様-

全長 4,125mm
全高 (ロールバー含む) 954mm
最大幅 1,674mm
ホイールベース 2,645mm
乾燥重量 490kg
エンジン FCJ専用エンジン(直列4気筒)
排気量 2,000cc
最大出力 200hp/7,200rpm(キャタライザー付き)
タイヤメーカー ダンロップ
タイヤサイズ F:180/530 R13、R:240/570 R13
ホイールメーカー エンケイ
ホイールサイズ F:13×8.0J、R:13×10.0J

FC106 主な特長

FCJは、FIA世界統一規格で行なわれているF3よりも下のカテゴリーと位置づけられ、車両性能は世界各地で開催されているフォーミュラ・ルノーと同等である。

シャシーは、イタリアのタトゥース社がFCJ専用に開発したFC106を使用。フルカーボンコンポジット構造のモノコックは、事故時のドライバー保護には細心の注意が払われ、FIAが規定した安全基準に適合したものとなっている。

ハイノーズに吊り下げ式フロントウイング、チムニー付きのサイドポッドなど、ボディには最新の空力デザインが施されている。


FCJ専用にチューニングされたエンジンは、排気量2,000cc、16バルブ直列4気筒で、200hp/7200rpmを発揮する。メンテナンスはニスモ(NISMO)が一括して行なっている。ギヤボックスはシーケンシャル式6速。クラッチは油圧式。

タイヤはワンメイクで、ダンロップがFCJ専用に開発したものを全車が用いる。
  また、全車両にイタリアAim社製データロガーが搭載され、参加者のドライビングを自身と、アドバイザーがチェックすることができる。


競技規則により、スプリングレートの変更、キャンバー/トー等の調整、ショックアブソーバーの減衰力調整などは行なえない。


FCJドライバーを支えるアドバイザーAdviser of FCJ 

FCJアドバイザー

畑川 治 Osamu Hatagawa
1947年9月2日生まれ/京都府出身

FL500のチャンピオンを獲得後FJ1300クラスにステップアップ。その後英国F3選手権にシリーズ参戦し、引退。現在は後継者育成に力を注ぐ。


FCJドライビングアドバイザー

影山 正彦 Masahiko Kageyama
1963年8月8日生まれ/神奈川県出身

86年富士フレッシュマンレース・TS1300クラス、89年全日本F3選手権、93年全日本ツーリングカー選手権、1994年全日本GT選手権GT1クラスのシリーズチャンピオン。フォーミュラ・ニッポンにも96年より参戦し、98年にはル・マン24時間レースで3位入賞を果たしている。


田中 哲也 Tetsuya Tanaka
1965年12月16日生まれ/京都府出身

89年にFJ1600でレースデビュー。全日本F3やツーリングカー選手権を経て、96年からフォーミュラ・ニッポン、全日本GT選手権に参戦。スーパー耐久ではクラス1のタイトルを3度獲得している。


細川 慎弥 Shinya Hosokawa
1981年4月1日生まれ/福岡県出身

2001年にフォーミュラ・ドリームのチャンピオンを獲得した後、イギリスF3や全日本F3に挑戦。04年からはツーリングカーレースに活躍の場を移し、現在はSUPER GT/GT300クラスに参戦する。


FCJテクニカルアドバイザー

川口 里巳 Satomi Kawaguchi
1953年4月19日生まれ/三重県出身

株式会社オスカー在籍中に、FJ1600、SJ、RS、F3などを設計。代表作には86年の全日本F3選手権で優勝を飾ったSK-86Fや88年の FJ1600マシンSK88DANGANなどがある。02年に有限会社SKデザインを設立。ミドルフォーミュラ・コンストラクターの第一人者。